みなさんこんにちは、マリエクチュールです。

今日からマガジンを始めます。
最初のテーマは「結婚が決まった。さぁ、何から始めよう?」です。
このテーマは全3回のシリーズです。

結婚が決まってまず最初にすることは何?
式場はどのようにして選ぼう? など・・・

結婚は初めてのことがいっぱいです。

そこでマリエクチュールでは、
衣裳だけにとどまらず、結婚に向けて歩んでゆく二人の道のりをサポートします。

どうぞご覧ください!!

結婚が決まった夜

kekkon1

つき合ってから三年が過ぎたある夜のこと。
行きつけのレストランで、さりげなく指輪をさしだされ、

「結婚しよう。」

と彼から申し込まれた。
一瞬、驚いたけど、すごくうれしかった。
だから

「うん。」

と答えた。

あのとき、どんな表情をしていたのか、想像するとちょっと恥ずかしい。
でも、人生でとても幸せなときだったことはたしか。

付き合って三年目のわたしたち。たまには喧嘩もするけれど、
お互いのことも少しずつだけどわかってきた。

食べ物の好き嫌い、仕草や癖、わたしにだけ見せてくれる甘えん坊な素顔・・・。
結婚をそんなに意識してはこなかったけれど、
この人となら楽しく暮らしてゆける、そんな気がしていた。

今、教会でウエディンドレスを着ている姿がぼんやりと浮かぶ。
タキシードに身を包む彼が迎えてくれる。
結婚するんだ、わたしたち。

でも、なにから始めたらいいんだろう。

両親へのご挨拶

結婚は二人だけのことじゃない。
お互いの家族がひとつになることだとおもう。

自分の両親に報告して、彼の両親にご挨拶。
まずは男性が女性の実家に出向いて、結婚の許しをもらいにゆくのが一般的みたい。
第一印象が大切かも・・・。

身だしなみを大切に

kekkon2

好印象を与えるためにも服装選びは大切だね。
やっぱりスーツかな。でも、スーツで決めすぎると堅苦しい雰囲気になりそう。

じゃあ、どうすればいいのかな?
そうだ。
まずは、自分の両親について彼にちゃんと伝えよう。
人柄がわかってもらえるように職業や、趣味、日ごろの過ごし方など。

その上で、両親が好みそうな服を二人で選ぼう。
大切なのは、二人でちゃんと話し合って決めること、かな。

【身だしなみチェックリスト】

・無精髭
・髪型
・つめが伸びていないか
・襟をなおしてあげる
・何かのときのためにハンカチは携帯してもらう。

身だしなみにも注意して、いざ挨拶へ!


いかがでしたか。
結婚が決まってまずすることは「両親へのご挨拶」です。
今回は、挨拶に行く前のポイントについてお伝えいたしました。

次回は実際にご挨拶に伺った際の注意点についてです。