mariecouture

飛騨高山のウエディングパートナー  ドレス&和装のことならマリエクチュール


マガジン

バランスって大切!会場とドレスのバランス

会場とドレスのバランス

 
シリーズ“お二人の願いが叶う 式場とドレスの選び方”
前回は「会場の種類」についてお伝えしました。
 
今回は「会場とドレスのバランス」についてです。
 
会場の雰囲気とドレスのイメージがチグハグにならないように
バランスはとても大切!

【挙式会場】や【披露宴会場】の広さ・天井の高さ、会場の雰囲気に合った
ドレスを提案していきます!
ドレスのラインや素材、トレーンの長さやバックスタイルなども参考にしてください♪
 
教会2⑨ドレス

 
【挙式編】

◆大聖堂や広い会場での挙式

天井が高く、広い場所に合うウエディングドレスは、
バージンロードに映えるロングトレーンタイプや
後ろ姿にデザインがあるバックコンシャスタイプなどがステキ!
ゲストからの賞賛の声が上がそうです。
 
大聖堂編
 

 

◆ガーデンウエディングやリゾート挙式

緑や海など自然あふれる場所に合うウエディングドレスは、
軽くて動きやすく、ナチュラルな雰囲気のセミカジュアルタイプがオススメ。
ロケーションフォトもたっぷり楽しめそうです。
 
ガーデンウエディンやグリゾート挙式
 

 

【披露宴・パーティ編】

◆ホテルウエディング

ホテルなどのバンケットでは、天井が高いためボリュームの出るプリンセスタイプや
後姿も自慢できるバックコンシャスがオススメ。
存在感たっぷりのドレスは豪華な会場にぴったりです。
 
ホテルウエディング編

 

◆レストランウエディング

レストランやゲストハウスなどアットホームな会場で着るウエディングドレスは、
ゲストとの距離も近いため、ボリュームを出し過ぎないAラインや
エンパイアラインなどのすっきりしたタイプがピッタリ!
ゲストとのコミュニケーションをより楽しめそうです。
 
レストランウエディング


 

次回は、(VOL.3)ドレスラインについて
マリエクチュールで人気のあるドレスをご紹介します!
 

2016年4月10日 カテゴリー:未分類 タグ: 

トップへ戻る